デュアルホワイトニング

オフィスクリーニングもホームクリーニングもしたけど、もっと白くなりたいと考える人もいるかと思います。そんな方はオフィスとホームの両方の良い点を備えたデュアルホワイトニングがおすすめです。デュアルホワイトニングはホームやオフィスでは到達できないレベルまでは歯を白くすることができます。

手順としては歯科医院にいきオフィスホワイトニングを受けます。そこで歯型を取ってもらいマウスピースも作成します。自宅でマウスピースを使いオフィスホワイトニングを行います。この工程を2~3回繰り返します。その医院によっては差はありますが、オフィス&フォームのセットを1クールとすると大体1~2週間とするのでそれを2クール行います。

オフィスホワイトニングをして自宅でもホームホワイトニングをすることによって歯の内部の隅々まで時間をかけて漂白していくので色戻りがしにくい傾向がありそれが人気の一つになっています。

このように3つの方法があるので、自分に合ったものを選ぶことができます。この3つのホワイトニングで一番違う点が金銭面になります。料金が一番安くできるのがホームクリーニング。その倍近くかかるのがオフィスクリーニング。その両方を行うデュアルホワイトニングはそれ以上になりますので、自分の状況を考えてどのタイプにするのを判断する必要性があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングというものは、ホーム、つまり自宅で自分自身で行うホワイトニングのことを言います。歯科医院等に通うことなく自分の時間でホワイトニングができるということもあり今人気が上がっている方法です。

手順としては、最初に歯科医院に行き口の中全体を確認します。虫歯治療などがあれば先に行います。その後クリーニングを行います。ここまではオフィスクリーニングと同様です。次に歯型を取ります。これはホームホワイトニング専用のマウスピースを制作するためです。そのあと制作したマウスピースの使い方や注意事項などを説明されます。

後は自宅ですることになります。きれいに歯磨きをしたあと、マウスピースの歯にジェルを入れそのまま歯に装着します。そのまま2時間まちます。その間は飲食や喫煙はできません。2時間後マウスピースをはずし、口をよくすすぎます。マウスピースは流水でよく洗ってください。この作業をまず一週間行います。そして一週間後歯医者で状態などを確認します。前回にとった写真と見比べて必要ならば追加のジェルをうけとります。毎日続けることで通常なら約2週間ぐらいでその成果が現れます。

注意点としてはホワイトニングをしてる期間中はその効果を最大にするために着色料の強い飲食物はとらないようにします。

オフィスホワイトニング

ホワイトニング治療には大きく分けて3つの方法があります。オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングです。オフィスホワイトニングとは、オフィス、すなわち、歯科医院等に行って行う歯のホワイトニングのことになります。そこでは濃度の高い漂白剤(過酸化水素)を歯に塗布したうえで効果を高めるためにライトを照射するのが一般的になっております。

手順としてはまず、歯科医院に行き歯科医師の質問などに答えた後口腔内を検査いたします。虫歯の程度や歯石が多く付着している方はホワイトニングの前に治療する必要があるからです。次にクリーニングを行います。ここで、ブラッシングでは取れないようなひどい汚れを除去していきます。その後保護材を塗って歯茎に薬剤が付着しないようにしたうえで歯に薬剤を塗っていきます。そして薬剤の漂白効果を促進させるためにライトを約10~15分程度照射します。口をゆすいで薬を洗い流します。この工程を効果をあげるために2~3回繰り返します。

これを1~2週間の間隔で目標の白さに歯がなるまで定期的に続けることが必要になります。間をあまりあけずに続けたほうが効果が見られます。自分の目安としている白さになったら終了となります。後は、2~3か月に一度程定期的に通えばその白さを維持することができます。

歯のホワイトニング

白い歯にあこがれたことはありませんか。白い歯だと第一印象も違ってみえたりします。心理学的にも「若さ」や「知性」、「清潔感」を相手に印象づけるそうで、歯が白いと肌の色も透明感がある感じがすると思います。そんな白い歯にあこがれる人は多いのではないでしょうか。白い歯を手に入れる方法にホワイトニングというものがあります。歯ブラシで歯を磨いても市販の歯磨き粉では白くするには限界があります。なぜなら長年しみついた汚れを取るには歯磨きでは落としきれないからです。

歯の汚れをとるならクリーニングがあるのではと思う人もいるかもしれません。歯のクリーニングとは、虫歯や歯周病等の原因になる、歯の表面についている歯石や歯垢を取り除く作業のことです。歯の表面の汚れは取ってくれますが、長年しみついた汚れは取れていないのです。

そもそも歯が黄ばむ原因は3種類あります。一つ目は加齢。歯の表面は透明度の高いエナメル質でできています。その内側にある象牙質という黄褐色の物質が年齢とともに色が濃くなってエナメル質を透過して黄ばんでみえてきます。これが加齢によるものです。二つ目は遺伝です。髪や皮膚の色と同じように歯の色も遺伝するものなのです。三つ目は汚れです。これは色素が付きやすいもの、しょうゆやコーヒーなどを長年飲食して行くことで色素が歯の内面にも浸透していき変色していきます。

そうした歯磨きやクリーニングでは落ちない、加齢は遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることをしないで白くしていく方法がホワイトニング治療といわれるものになります。この方法により、その人がもつ本来の歯の色よりも白くすることができるのです。ではホワイトニング治療とはどういうものかをご説明いたします。