歯のホワイトニング

白い歯にあこがれたことはありませんか。白い歯だと第一印象も違ってみえたりします。心理学的にも「若さ」や「知性」、「清潔感」を相手に印象づけるそうで、歯が白いと肌の色も透明感がある感じがすると思います。そんな白い歯にあこがれる人は多いのではないでしょうか。白い歯を手に入れる方法にホワイトニングというものがあります。歯ブラシで歯を磨いても市販の歯磨き粉では白くするには限界があります。なぜなら長年しみついた汚れを取るには歯磨きでは落としきれないからです。

歯の汚れをとるならクリーニングがあるのではと思う人もいるかもしれません。歯のクリーニングとは、虫歯や歯周病等の原因になる、歯の表面についている歯石や歯垢を取り除く作業のことです。歯の表面の汚れは取ってくれますが、長年しみついた汚れは取れていないのです。

そもそも歯が黄ばむ原因は3種類あります。一つ目は加齢。歯の表面は透明度の高いエナメル質でできています。その内側にある象牙質という黄褐色の物質が年齢とともに色が濃くなってエナメル質を透過して黄ばんでみえてきます。これが加齢によるものです。二つ目は遺伝です。髪や皮膚の色と同じように歯の色も遺伝するものなのです。三つ目は汚れです。これは色素が付きやすいもの、しょうゆやコーヒーなどを長年飲食して行くことで色素が歯の内面にも浸透していき変色していきます。

そうした歯磨きやクリーニングでは落ちない、加齢は遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることをしないで白くしていく方法がホワイトニング治療といわれるものになります。この方法により、その人がもつ本来の歯の色よりも白くすることができるのです。ではホワイトニング治療とはどういうものかをご説明いたします。